AI崩壊

AI崩壊【映画】評判は?感想評価や見どころもまとめてみた!

スポンサーリンク

2020年1月末から放映が開始された大沢たかおさん主演の映画「AI崩壊」。

10年後の近い日本の未来を舞台に人口知能AIが社会に与える恐怖を描いた近代SFサスペンス映画です。

そんな話題の映画「AI崩壊」において、視聴者からの評判(評価)や感想見どころなどを総合まとめしてみます!

題して「AI崩壊【映画】評判は?感想評価や見どころもまとめてみた!」

さっそくどうぞ!

スポンサーリンク

AI崩壊【映画】の作品概要

上映公開日 2020年1月31日
脚本 入江悠
監督 入江悠
原作 浜口 倫太郎
プロデューサー 北島直明
製作 沢桂一 池田宏之 菊川雄士 石垣裕之 森田圭 武田京市 弓矢政法 平野ヨーイチ 田中祐介 角田真敏 小泉貴裕

 

AI崩壊【映画】のあらすじ紹介

天才科学者の桐生(大沢たかお)が開発した医療AI「のぞみ」が、国民の膨大な個人データを基に、人間を選別し殺りくを始める。

人々がパニックに陥る中、AIを暴走させたテロリストと断定された桐生は逃走を図るが、警察のAI監視システムによって徐々に追い詰められていく。

一方、桐生の義弟で「のぞみ」を運営する企業の代表を務める西村(賀来賢人)は、事態の収束に動いていた…。

 

AI崩壊【映画】の出演キャスト

  • 大沢たかお
  • 賀来賢人
  • 広瀬アリス
  • 岩田剛典
  • 高嶋政宏
  • 芦名星
  • 玉城ティナ
  • 余貴美子
  • 松嶋菜々子
  • 三浦友和

 

スポンサーリンク

AI崩壊【映画】の感想や見どころは?評価もまとめてみた!

AI崩壊【映画】の感想は?

20代男性

舞台は2030年、日本。そう遠くない将来の物語です。

AI技術が確立され、生活の中に浸透した社会。医療現場などにも導入され、個人個人の健康もAIが管理する世の中で、突如として暴走をはじめ、人間の命の選別を始めてしまう。

その暴走を止めるべく立ち上がる天才科学者とAIの攻防を描いた本作は、今後、技術革新を続ける現代において、近い将来起こりうる現実的な話でした。

監督を務めた入江悠監督のオリジナル脚本である本作は、進歩する科学をよく研究して作られており、

それもあって、今後私たち生活にますます浸透してくるIoT機器やインターネットサービスについて、改めて考えさせられる内容になっています。

出演するキャストも超豪華で、演技力にも申し分ない作品でした。

 

30代女性

『フィクションではなくノンフィクションになるかも』
現代社会でもAIの普及は急速に加速していますが、こちらの作品では近未来の2023年、人間のヘルスケア管理をしている医療用AIが自己の人格を持ち始めて暴走し、人々の命を奪っていくというストーリーです。

開発者の桐生(大沢たかお)は犯人に仕立てられ警察に追われる羽目に…娘も命の危機にさらされ、義弟の西村(賀来賢人)に助けられながら暴走したAIを止めるべく新しいソフトの開発と真犯人探しに紛争します。

ストーリーは今の世界でも起こり得るようなことで、こんなフィクションが現実に起こる日が来るかと思うと技術の進化もどこまで求めていいものか、人として出来ることの大切さを感じました。

 

スポンサーリンク

AI崩壊【映画】の見どころは?

50代女性

この映画のみどころは、やはりAIというテーマなので、サイバーセキュリティだろう。

オープニングからラストまで、パソコンを叩きながら、サーバールームでのシーンのセリフやエリートたちの叩くプログラムが面白かったと思います。

いかにも簡単にプログラムを組める桐生や西村は、さすが科学者だなと感心してみていました。

パソコンや機械音痴の私としては、羨ましいと思いました。

そして、あんな素晴らしい医療AIがあったら、人々の病気も完治できるのではないかと思いました。

 

20代男性

本作のみどころは、起こりうる近い将来を感じさせる脚本もさることながら、生活に浸透したAIが暴走し、それを止めるために立ち上がった天才科学者が、事件の犯人として疑われ追われる逃亡劇にあります。

最新テクノロジーを駆使して追い詰める警察を交わしながら逃亡を続ける天才科学者。何度も逮捕される寸前まで追い詰められる、ハラハラ、ドキドキの展開は、テンポよく、観ていて飽きの来ない演出となっています。

緻密に練られた脚本と、テンポのいい展開であっという間の130分でした。

 

30代女性

『大沢さんの迫真の演技』
なんと言っても大沢たかおさんの逃亡シーンです。

51歳とは思えない走り続けるあの姿!追われる身であるために道路や地下道、船の中まで追われ、ついには海にまで入ります!

CG加工の映像も多いですが、とてもリアルで本当に起きているのではないかと思えるくらいの映像美です。監督の思い入れが感じられます。

出てくるキャストが少ない分、主役の大沢さんの出番がとても多いのでファンにとっては見どころばかりです(笑)

 

AI崩壊【映画】の評価は?

30代女性

まずは大好きな大沢たかおさんの作品であること。

タイトルも大沢さんが監督に直訴して決まったそうで、大沢さんの作品に対しての思い入れが強く感じられました。

ストーリーも現実味があり、AIに対する考え方も少し変わりました。

ただキャストが少ないので、真犯人はある程度すぐに気づいてしまいます(笑)あといくらなんでも主役が全然捕まらない(笑)あんなに追われててそれは無理があるのでは…という点で星4つにしました。

 

20代男性

本作の監督である入江悠によるオリジナル脚本という点も高評価のポイント。

原作がない分、初見での鑑賞にためらう人も少なからずいると思われるが、研究し緻密に練られた脚本で安心してみることができる作品です。

ジャンルはパニックSFに該当する本作。SFと聞くと科学的で専門用語が多く、ジャンルだけで毛嫌いされることもあるが、本作は専門的な用語は少なく、家族愛であったり、親友との友情であったりと人間ドラマが中心に描かれているため、幅広い世代で楽しめる作品であることも評価の理由です。

 

50代女性

なんと言っても、ストーリーが面白かったです。

人々を救ってきた医療AIが突然、暴走し、殺戮を始めようとしたことや桐生の逃亡劇がハラハラドキドキしてしまいました。

個人的に大沢たかおさんのファンなので特に良かったと思いました。また、真犯人の桜庭誠役の岩田剛典さんもクールで素敵な管理官を演じて、ストーリーが面白かったと思います。この映画はまた観たくなるような映画でした。

AIさんの主題歌もとても良かったと思いました。

 

AI崩壊【映画】の評判をまとめてみた!

いかがでしたでしょうか。

個人的な印象として、視聴者からはかなり高評価の印象を受けました。

原作の世界観はそのままに、入江悠監督のオリジナル脚本をプラスした今回のSFサスペンス映画「AI崩壊」。

ぜひあなたも近未来にフォーカスした手に汗握るSFサスペンス映画「AI崩壊」をぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク