キャッツ

キャッツ【映画】キャスト主役は誰?出演俳優のプロフィールを調査してみた!

スポンサーリンク

皆さんは、2020年1月24日に公開された映画「キャッツ」をもうご覧になったでしょうか?

日本では、劇団四季のミュージカルとして有名ですが世界的に知られているミュージカル「キャッツ」が映画化となり待望の公開が始まりました!

気になるのは、世界的ミュージカル映画「キャッツ」の主役は誰なのか?というところですよね。

今回は、映画「キャッツ」の主役を務める人物にスポットライトをあてプロフィールなど詳しくご紹介します!

 

スポンサーリンク

映画「キャッツ」のストーリー

それでは主役をご紹介する前に、映画「キャッツ」の詳細をご紹介します。

まず、映画「キャッツ」は冒頭でもお伝えした通り「キャッツーポッサムおじさんの猫と付き合う法」というミュージカルを映画化したもので監督はトム・フーパーが務めました。

このトム・フーパー監督は2012年に公開された同じミュージカル映画「レ・ミゼラブル」の監督も務めていて、2度目のミュージカル映画挑戦となりました。

人間にロンドンの路地裏に捨てられた白猫ヴィクトリアは、猫たちの集団ジェリクルキャッツに出会う。彼らはジェリクルボールという月夜の舞踏会を開こうとしていた。猫たちはジェリクルボールでパフォーマンスを競いあい、最終的に選ばれた1匹の猫が、天上に昇って新たな生を得る権利を手にするのだ。ジェリクルキャッツに迎え入れられたヴィクトリアは、ジェリクルボールを前にさまざまな猫と出会う。だが同じころ、お尋ねものの猫マキャヴィティは、ジェリクルボールの有力候補となる猫を1匹また1匹とさらっていた。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

映画「キャッツ」のキャスト主役は誰?

映画「キャッツ」はそのタイトル通り、登場人物たちは98パーセントが猫です。笑

ですので、本作「キャッツ」で主役が演じているのはもちろん猫になるのですが、主演はフランチェスカ・ヘイワードというイギリス人の女性です。

それでは、フランチェスカ・ヘイワードという女性は一体どんな人物なのでしょうか?

フランチェスカ・ヘイワードのプロフィール

名前:フランチェスカ・ヘイワード
生年月日:1992年7月
身長:157㎝
出身地:ケニア/ナイロビ

フランチェスカ・ヘイワードさんのご両親は、お父さんがイギリス人でお母さんがケニア人のご夫妻で彼女はお母さんの祖国であるケニアのナイロビに産まれました。

2歳の時にイギリスにいる祖父母と一緒に生活するために、フランチェスカ・ヘイワードさんはケニアからイギリスにわたり、そこでバレエと出会いバレエの学校に通い始めました。

すぐにバレエの才能を発揮し、学校の講師からオーディションを受けることを勧められたフランチェスカ・ヘイワードさんは2008年にロイヤルバレエアッパースクールに進学したのです。

その後もどんどん頭角を現していき、2016年ついにプリンシパルに上り詰めました。

 

「不思議の国のアリス」(2014年)ではアリス/「ロミオとジュリエット」(2015年)ではジュリエットなどを演じており、その実力の高さがうかがえますよね!

そして、満をもって今回のミュージカル映画「キャッツ」で主人公を演じるフランチェスカ・ヘイワードさんですがここまで彼女の経歴をご紹介してきて皆さん思われたかもしれませんが、フランチェスカ・ヘイワードって女優じゃないの?バレリーナなの?

 

実はフランチェスカ・ヘイワードさんは女優ではなく、英国ロイヤルバレエ団プリンシパルダンサーを務めているバレリーナなんです。

ですので、フランチェスカ・ヘイワードさんは今回の映画「キャッツ」が映画初出演になるのですが、それでいきなり主人公に抜擢されるのですからすごいですよね。

キャッツといえば、踊りなどのシーンも多くありますから映画出演歴などよりもダンスの実力メインで選考されたのかもしれません。

 

映画【キャッツ】で注目したい出演俳優キャストは?

それでは、たくさんの出演者がいる映画【キャッツ】ですが今回はその中から是非注目していただきたい人物をご紹介します。

ジェームズ・コーデンのプロフィール

それは、ジェームズ・コーデンというイギリス人俳優です!

映画「キャッツ」では、ぽっちゃりでずんぐりむっくりとした容姿の猫が印象的な彼は、じつは人気コメディアン!

そんな彼のユニークで楽しい演技に注目です。

 

名前:ジェームズ・コーデン
生年月日:1978年8月22日
出身地:イギリス
身長:173㎝
職業:俳優・コメディアン・歌手・作家・プロデューサー・テレビ番組司会者

ジェームズ・コーデンは1996年に舞台ミュージカルの端役で初舞台を踏み、本格的なプロ俳優としての道を歩み始めました。

その後も多くの映画に出演を果たし、2012年に「One Man,Two Guvnors」にトニー賞演劇主演男優賞を受賞し俳優として名前を世界に轟かせたのです。

 

他にも、ジェームズ・コーデンは俳優としての才能だけでなく、コメディアンや歌手としてその才能を発揮しさらに2015年3月よりアメリカの深夜番組「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」の司会を務めます。

司会者としてのトーク力をアメリカで証明しその結果2015年11月に開催された第19回ハリウッド映画賞の司会者・トニー賞授賞式の司会を2度・グラミー賞の授賞式司会を2度も務めるなど、その実力の高さを買われこんな栄誉あるイベントの司会を務めてきたのです。

私生活では、2012年に元テレビプロデューサーの女性と結婚し二人の子宝に恵まれています。

 

スポンサーリンク

キャッツ【映画】キャスト主役は誰?出演俳優のプロフィールを調査してみた!まとめ

いかがでしたか?

今回は映画「キャッツ」のキャスト主役:フランチェスカ・ヘイワードさんについてご紹介しました。

日本でとても知られている女性!という印象ではありませんが、今回の映画「キャッツ」でフランチェスカ・ヘイワードさんの知名度が上がったことは間違いないでしょう。

 

是非、映画「キャッツ」をまだ映画館でご覧になっていない方は公開されたばかりですので劇場でフランチェスカ・ヘイワードさんをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク